「津波記憶石」

こんにちは!
石豊の柚木です。

全優石の総会に参加してまいりました。
盛りだくさんの議題の中から、
「津波記憶石」の取り組みについてご紹介します。

◆ 津波記憶石とは
2011年3月11日未曾有の被害をもたらせた東日本大震災。

津波によって多くの命が失われました。

二度とこのような犠牲が起こらないことを心から願う。

そこで墓石建立に携わっている我々石材店に何ができるか…

きっかけとなったのは先人達が建てた津波石でした。

従来のように津波の到達点を示すだけではなく、

決して忘れてはならない『記憶』を残していくことを加え

津波石+記憶石 津波記憶石というネーミングを作りました。

津波記憶石とは、津波の事実と教訓を残すために建立された石碑です。

津波の痕跡や二度と同じようなことがないように戒めることや、教訓といった意味をもち、

それに沿った文言が碑文(ひぶん、ひもん)として刻まれているものです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

前の記事:
:次の記事