「終活」における「相続」

「終活」とは、「人生の終焉を考えることを通じて、今の自分を見つめ、
今をより良く、自分らしく生きる活動」のことです。

具体的には「介護保険と介護サービス」「保険」「年金」「相続」
「葬式・お墓・供養」などの項目について考えていくのですが、
その中でも敷居が高く手を付きにくいのが「相続」です。

地元に居る家族、地元を離れた家族、相続の法律上の権利は全く同じです。
また、両親の介護に携わった家族、介護を手伝えなかった家族、事情もそれぞれ
異なります。

だからこそ、正式な「遺言」を作成し「争族」にならないよう、
「終活」により自分を意志を家族に残し伝えることが大切なのです。

自分の人生の終焉に目を背けず、是非じっくりとお考え下さい。

前の記事:
:次の記事