御祝

妙正山大覚寺(岡山市北区西辛川)の大きなお祝いに参列させていただきました。

備前・備中地方に日蓮宗を広められた大覚大僧正の650遠忌記念の稚児行列から始まり、客殿落慶法要、「大覚教会」から「大覚寺」になられたお祝の式典が、
毎年開催されている花まつりに合わせて行われ、私も参列させていただきました。

岡山市内の日蓮宗お上人全員がお集まりになった法要は圧巻で、
その中で感謝状を頂戴したことは大変名誉な思い出となりました。

こちらのお寺はその名が示す通り、
大覚大僧正が拠点とされた由緒あるお寺ですが、
しばらくの間、廃寺になっておられました。

式典の最後に、ご住職ご自身から、
着任後、檀家の皆様と共に、大変な苦労をされながらお寺の復興に努め、
めでたく今日の日を迎えられたお話をお聞きいたしました。
感極まられながらもご自分の言葉でお話しされているお姿に、
私も目頭が熱くなりました。

檀家離れが進む現代社会において、
お寺様と檀家さんの本来あるべき結びつきを、
お墓の仕事を通してお伝えすべく、
私自身気持ちを引き締めて取り組んでいきたいと決意を新たにしました。

前の記事:
:次の記事