優しい心根

こんにちは。
お客様係りの山嶋です。
だんだんと暑さも感じられる季節になりました。

バラも5月に咲いたものをきれいに剪定し、肥料をまいて。
今、あらたに新芽を出し蕾の状態です。

来週には、どんどんと咲いていきます。

今朝、バラ樹木葬のお掃除に行っていると、30代のお母さんと2歳ぐらいの坊やがお参りに来られていました。
自宅で咲いたという「紫陽花」を持って( ^)o(^ )

「父が大事に育ていた紫陽花なんです。今年も咲いてくれたから」と娘さん。

可愛い坊やは、墓誌をみて「ママ。おじいちゃんは?どこにいるの?」と質問しました。

お母さんは、「ここが、おじいちゃんのおねんねするベットよ」と微笑みました。
坊やは「おねんねかぁ。僕も一緒におねんねする」とお手てを合わせています。

優しい親子の会話。
寂しかった日々を乗り越えられて、お参りに。

「暑くなるので、お体お大事に」と私にまでお言葉をかけて頂き有難かったです。

「また、来るから」と坊や。
次回は、夏焼けしてる姿をみれるかな?